×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

過払いとは

最近、ネットサーフィンをしていると、よく弁護士事務所や司法書士事務所のサイトのウェブ広告を見つけます。内容は、大体が、過払い金の返還の相談を受け付けてくれるというもの。

過払い返還請求

この過払い金。最初は、よく意味が分かりませんでした。よく読んでみると、消費者金融と5年以上という長期間の契約をしていると、利息を払い過ぎている可能性が高くなるそうです。

こういった場合、過払い金返還請求を行える場合があるので、一度これまでの借金を見直して、過払い金の再確認をしてみませんか?という内容が多いですね。

確かに、この経済低迷期に、こういったサービスは必要だと思いますし、嬉しいですよね。現在、借金返済に困っている方も減ると思います。

では、何故、こんな過払い金が発生したのでしょうか。それは、利息制限法と出資法という、2つの貸金の利息を定めてる法律があるのですが、この2つの利息の上限が違うので、グレーゾーン金利が出来てしまいます。

今はもう無いとは思いますが、もし29.2%以上の金利で借りていたら、これは、出資法違反で刑事罰対象ですので、弁護士や司法書士の方に今すぐに相談をして欲しいですね。

そして、利息制限法の方が、利息の上限が低いのですが、罰則がないそう。残念です。また、この利息制限法の上限を超えて、グレーゾーン金利内で貸付を行ってきた、貸付業者が多っかったんです。

アイフルへの過払いの相談

しかし、どちらの上限を超えても、違法ですので、相談をして、過払い金を返還要求されるのが良いかと思います。分かりやすいように、消費者金融のアイフルを例にあげてみると、依頼人からアイフルへの過払い相談を受けると、弁護士や司法書士の方は、貸付業者である、アイフルから今までの借入情報を取り寄せて、計算し直してくれるそうです。

その計算では、払い過ぎた利息分を元本に充てて、計算されるので、場合に寄っては、元本も無くなっていることもあるそうです。アイフル 過払いは、勿論あったと思います。

多くの貸付業者が長年、このグレーゾーン金利内で貸付を行ってきたので、アイフルも例外ではないと思います。そして、アイフル 過払いしていて、借金が減ることを知らないなんて、勿体無いですよね。

この場合、利息を払い過ぎたことを知らずに返済した、アイフル 過払い分を返還してもらうよう請求出来ます。消費者金融って少し怖いイメージがありますが、怖がらずに、弁護士や司法書士の方にアイフル 過払い相談して、借金苦から少しでも解放されてくださいね。


過払い返還請求のことなら24時間・全国対応の

新大阪法務司法書士事務所